打線活発な伊勢崎が大勝した。初回に打者一巡で4点を先制し、二回は永瀬の3ランを含む6連打で5得点。その後も小野村や大塚の適時打などで加点し、コールド勝ちを決めた。

 玉村は四回、原沢の中前打などで1死二、三塁として2点を返したが、大量失点が響いた。「後輩は夏1勝を」玉村・板垣泰河主将の話 つらい時も、駄目になりそうな時も仲間に助けられた。後輩たちにはこの敗戦を無駄にせず、夏に1勝してほしい。

...    
<記事全文を読む>