高崎商が2本塁打を含む17安打でコールド勝ちした。初回は田中のソロと五井の適時打で2点先制。六回は新井の2点本塁打などで計5点を加えて突き放した。先発小沢は6回を被安打6。

 大間々は四回に小林雄の適時打、五回に西島のスクイズで一時1点差としたが、再び離された。「体力出し切った」大間々・岡田哲昇主将の話 いろいろな応援があって大会に出られた。気力、体力を出し切って戦った。後輩にはこの経験を生かしてほしい。

...    
<記事全文を読む>