前橋工がコールド発進した。初回2死三塁から栗原の適時打で先制すると、その後も安原、清水の適時打などで順調に加点した。先発南は最速135キロを軸に7回無失点。

 高崎工は六回に代打内尾が二進し、七回は工藤が三進したが、勝負どころで打線が沈黙した。「一つになれた」高崎工・松井孝輔主将の話 チームが一つになり、最後まで諦めなかった。野球を続けて良かった。できた主将じゃなかったけど、ありがとう。

...    
<記事全文を読む>