第99回全国高校野球選手権栃木大会決勝が23日行われ、作新学院高が国学院栃木高を破り連続優勝記録を7に伸ばした。小雨が降る中、1万839人の観客が詰めかけ、試合終了後は「よくやった」「ナイスプレー」と両校に温かい言葉を送った。

 三塁側の作新学院高スタンドは応援団やファンらで超満員。声援が地響きのように球場を揺らし、黄色いメガホンがうねった。最後の打者をセカンドゴロに打ち取った瞬間、7連覇を成し遂げたナインに万雷の拍手が送られた。

 全国優勝した昨年のナインも後輩たちの偉業に感激。自身の練習中も結果を気に掛けていたというプロ野球西武の今井達也(いまいたつや)投手(19)は「後輩たち...    
<記事全文を読む>