第99回全国高校野球選手権栃木大会最終日は23日、宇都宮市の清原球場で決勝を行い、甲子園大会に出場する本県代表校が決まる。決勝は3年連続で国学栃木-作新の対戦。3年連続で同じチーム同士による決勝は史上初。

 国学栃木が勝てば32年ぶり2度目、作新が勝てば7年連続16度目の優勝となり13度目の甲子園大会出場となる。

 3年連続の決勝進出が懸かった国学栃木は同球場で22日行われた準決勝で文星付との打撃戦を制し、9-7で競り勝った。

 前人未到の大会7連覇を目指す昨夏の全国大会覇者・作新は同じく準決勝で青藍泰斗と対戦。今大会で最速151キロをマークした青藍泰斗のエース石川翔(いしかわしょう...    
<記事全文を読む>