第99回全国高校野球選手権栃木大会は22日、清原球場で準決勝2試合を行う。第1試合(午前9時)はノーシード同士の顔合わせで、3年連続の決勝進出を目指す国学栃木と10年ぶりの王座奪還を目指す文星付が激突。第2試合(同11時半)は7連覇を狙う昨夏の全国王者・作新とプロ注目の本格派右腕石川翔(いしかわしょう)を擁する青藍泰斗がぶつかる。準々決勝までのデータを基に準決勝を展望した。第1試合・展望・国学栃木-文星付 実力伯仲の強豪同士で熱戦が期待される。

 5年ぶりに4強入りした文星付は打線に勢いがある。長打13本は4強でトップ。特に3番の葭葉幸二郎(よしばこうじろう)は、3回戦で2打席連...    
<記事全文を読む>