第99回全国高校野球選手権栃木大会第7日は15日、県営球場などで2回戦の残り8試合を行い、作新、石橋、矢板中央のシード勢のほか、足利清風、高根沢、青藍泰斗などが3回戦に駒を進めた。

 ◆ 高校野球特集はこちら ◆ 大会第7日の結果 作新は同点の三回、先発篠原聖弥(しのはらせいや)の適時打などで一挙5点を奪うなど、2試合連続の2桁安打2桁得点で宇南に六回コールド勝ち。石橋は先発の竹内海斗(たけうちかいと)が栃商打線を1失点に抑え、9奪三振で完投した。青藍泰斗は宇商に逆転勝ち。五回から3番手で登板したプロ注目の右腕・石川翔(いしかわしょう)が10奪三振と力投した。

 足工大付は2-2の...    
<記事全文を読む>