第99回全国高校野球選手権茨城大会第6日は14日、水戸市民球場など6球場で2回戦12試合を行い、取手二は3-0で緑岡に完封勝ちし、24年ぶりの3回戦進出を決めた。

 つくば秀英は5-3で勝田工の追撃をかわし、水戸一は筑波を6-3で下した。Aシードの霞ケ浦は取手松陽に6-0で完勝。藤代、下妻一、境はコールド勝ちを収めた。Bシードの常磐大高、総和工は辛勝だった。そのほか、日立一、取手一、伊奈が3回戦に駒を進めた。

 第7日は15日、同球場など4球場で2回戦8試合を行う。

...    
<記事全文を読む>