第99回全国高校野球選手権茨城大会は11日までに1回戦34試合が終わった。2回戦からはシード校が登場し、好カードもめじろ押しだ。Aシードの明秀日立は開幕戦を制した鬼怒商と戦う。2年ぶりの頂点を狙う霞ケ浦は取手松陽と対戦。土浦湖北は初戦で水戸商を破った中央と、水戸桜ノ牧はノーシードながら実力十分の下妻二と戦う。そのほか常磐大高-鉾田一、総和工-鹿島、緑岡-取手二、竜ケ崎一-水戸工、茨城キリスト-取手一などは熱戦が予想される。

  (藤谷俊介)

...    
<記事全文を読む>