第99回全国高校野球選手権茨城大会は8日、水戸市見川町の水戸市民球場で開幕した。昨年より1校2チーム少ない101校98チームが出場し、前回優勝の常総学院を先頭に各校の選手がはつらつと入場行進した。開会式後の開幕試合では鬼怒商が4校連合を21-1で下した。午前9時から行われた開会式では、大洗高マーチングバンドの演奏に合わせて水戸女高の生徒の先導で選手たちが入場。選手を代表して佐和の原島大輝主将(3年)が「一人一人が自分にとって最高の夏となるように、全員野球で正々堂々戦い抜くことを誓います」と力強く宣誓した。

 (藤谷俊介)

...    
<記事全文を読む>