第99回全国高校野球選手権茨城大会が8日に開幕するのを前に、開会式リハーサルが7日、水戸市見川町の市民球場で行われ、行進などを練習し、選手や先導役の生徒たちは歩調を合わせ、「本番でも緊張せず堂々と歩きたい」と語った。

 各校のプラカードを持って選手を先導する水戸女子高の生徒会長、佐藤恵那さん(3年)は「水戸女の名に恥じないよう、しっかりとした姿を見せたい」と気を引き締めた。選手宣誓する佐和高の原島大輝主将(同)は「緊張はしていない。堂々とやりたい」と意気込んだ。

 開会式の演奏を担当するのは、大洗高マーチングバンド部。篠原吏(つかさ)部長(同)は「選手にエールを送る」と軽快な音色を...    
<記事全文を読む>