第99回全国高校野球選手権茨城大会は8日開幕する。開会式は午前9時から水戸市民球場で行われ、開幕試合の4校連合-鬼怒商を皮切りに甲子園出場を懸けた計97試合の熱戦が始まる。9日からは同球場のほか、ひたちなか市民、ジェイコム土浦、日立市民、笠間市民、県営の6球場で開催。決勝は26日、午前10時から水戸市民球場で行う。出場校は昨年より1校少ない101校。友部・神栖・潮来・石岡商が連合チームで参加するため、98チームで争われる。優勝争いは昨秋、今春を制した明秀日立、秋春とも準優勝の霞ケ浦を軸に展開しそう。明秀日立は初、霞ケ浦は2年ぶり2度目の甲子園出場を目指す。昨夏甲子園8強の常総学院...    
<記事全文を読む>