投手陣はいずれも最速140キロ台の直球と切れのある変化球を持ち合わせたタレントぞろい。エース斎藤郁也を中心に、決勝で完投した前田秀紀、平野サビィ、堀田陸斗、湯浅京己(いずれも3年)らによる継投で、準決勝までの5試合で失ったのは2点と抜群の安定感を見せた。

...    
<記事全文を読む>