福島市のあづま球場で22日に行われた第99回全国高校野球選手権福島大会の決勝。第1シード聖光学院が5―4で第3シードいわき光洋を下し、11連覇を飾った。聖光学院は4―4の同点で迎えた九回、柳沼の二塁打と佐藤隆の左前打などで1死満塁とし、渡辺の中越え適時打でサヨナラ勝ちした。

 昨秋はベンチ、けが克服 悔しさぶつけた 昨秋はベンチを温めていた男がこの夏のヒーローになった。9回1死満塁、サヨナラの一打を放った聖光学院の8番渡辺拓路(ひろ)(3年)。野球に懸けてきた思いを一振りに込めた。

...    
<記事全文を読む>