福島市のあづま球場で21日に行われた全国高校野球選手権福島大会第9日の準決勝。11連覇を目指す聖光学院と創部初の甲子園出場を目指すいわき光洋が勝ち上がり、22日の決勝で激突する。第1シード聖光学院はエース斎藤郁也(3年)が好投し、6―2で日大東北を下した。第3シードいわき光洋は4番矢吹基偉(2年)の活躍もあり、福島商を3―1で退けた。決勝は22日午前11時から、同球場で行われる。

...    
<記事全文を読む>