夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権福島大会第9日は21日、福島市のあづま球場で準決勝2試合が行われ、11連覇の懸かる第1シード聖光学院と初優勝を目指す第3シードいわき光洋が決勝に進んだ。決勝進出は聖光学院が11年連続15度目、いわき光洋は初めて。最終日の22日は同球場で決勝が行われ、84校78チームの頂点が決まる。午前11時開始予定。

...    
<記事全文を読む>