最後まで笑顔でいると決めていた。福島商の主将栗原稜太(3年)は試合終了後、泣きじゃくる後輩たちを笑って支えた。「顔を上げろ。お前たちには来年がある」

...    
<記事全文を読む>