第99回全国高校野球選手権福島大会第8日は19日、福島市のあづま球場と白河市の白河グリーンスタジアムで準々決勝4試合が行われ、第1シード聖光学院、第3シードいわき光洋、第4シード日大東北、第7シード福島商が4強入りした。11連覇を狙う聖光学院は小高産業技術に5―0で快勝。いわき光洋は光南に3―0で完封勝ちし、3年ぶりに準決勝進出を決めた。日大東北は5―4で粘る学法石川を振り切り、5年連続の準々決勝進出。福島商は5―3で磐城との接戦を制し、2年ぶりに準決勝へ駒を進めた。準決勝は、聖光学院―日大東北が21日午前10時、いわき光洋―福島商が午後0時30分から、いずれもあづま球場で行わ...    
<記事全文を読む>