毎回走者を出したいわき光洋が好機を得点につなげ、3―0で光南を下した。

 拮抗(きっこう)した展開、終盤に欲しかった追加点をスクイズで奪ったいわき光洋の1番水谷直道(3年)。「次の1点で試合が決まると思っていた」と胸を張った。

...    
<記事全文を読む>