関根の2打席連続本塁打などで5回までに5点を奪った福島商が追いすがる磐城を5―3で退けた。

 「狙っていけよ」。福島商の関根紀(かなめ)(2年)は3回の公式戦初本塁打の興奮冷めやらぬ中、続く5回にも再び本塁打を放ち、ナインの期待にバットで応えた。

...    
<記事全文を読む>