第99回全国高校野球選手権福島大会は15日、後期日程が始まり、16強が決定した。第6日は福島市の信夫ケ丘球場など6球場で3回戦16試合が行われ、福島成蹊が二本松工に5―4で競り勝ち、創部11年目にして初の16強に駒を進めた。白河実は5―4で帝京安積を下した。白河実の中村駿(3年)は大会通算800号の節目となる本塁打を記録した。第1シード聖光学院、第5シード学法石川、第7シード福島商はコールド勝ち。そのほかのシード校4校も順当に勝ち上がった。16日は移動日。第7日の17日はあづま球場、信夫ケ丘球場(福島市)、白河グリーンスタジアム、天狗山球場(白河市)の4球場で4回戦8試合が行わ...    
<記事全文を読む>