先制された直後の2回に逆転した日大東北が福島との接戦を3―1で制した。

 スタンドに目をやると、自然と涙があふれた。「接戦でも負けたのは事実。いつも大きな声援をくれる応援団や保護者に勝利を届けたかった」。福島の左腕大内遼河(3年)のエースとしてのプライドが許さなかった。

...    
<記事全文を読む>