夏の甲子園出場を懸けた第99回全国高校野球選手権福島大会第3日は9日、福島市のあづま球場などで2回戦11試合が行われ、4月に開校した第8シード小高産業技術は3―2で県立石川との接戦を制し、夏の大会初勝利を飾った。第1シード聖光学院、第3シードいわき光洋はコールド発進。第4シード日大東北は福島に3―1で逆転勝ち、初戦屈指の好カードを制した。第5シード学法石川は3―1で福島高専を下した。修明は猛打が爆発し、大量35得点で相馬農を退けた。第4日の10日はあづま球場など5球場で2回戦11試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>