いわき光洋は走塁や小技を生かして得点、長沼を11―1の5回コールドで下した。

 大量得点で快勝した第3シードのいわき光洋。5番の小野寺将来(まさき)(2年)は春季東北大会以降に磨いた変化球に対応した打撃で適時打を放ち、打線に勢いを与えた。

...    
<記事全文を読む>