福島成蹊が効率良く得点し7―3で白河を下した。

 「打った瞬間に、左脚の付け根をつってしまった」。6回1死二、三塁から左前に適時打を放った福島成蹊の6番佐藤昂(3年)は左脚を引きずり、一塁まで走り切った。直後に代走を送られ、ベンチに下がった背番号「1」の姿が成蹊ナインの心を奮い立たせた。

...    
<記事全文を読む>