4年ぶりの甲子園出場に応援席が沸いた。中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)で26日に行われた第99回全国高校野球選手権山形大会の決勝は、日大山形が16―3で山形中央に大勝。生徒や保護者、OBたちが熱い声援を送り、勝利をつかんだナインの健闘をたたえた。

 試合は日大が先行する展開で、中盤からの猛攻で勝負を決めた。ゲームセットの瞬間、スタンドからは大きな歓声が上がり、色とりどりの紙テープが舞った。3回戦から駆け付けている応援団長の柳川愛理さん(17)は「改めて強いということを示してくれた。気分は最高」。野球部員による応援を引っ張った3年生の尾崎大翼さん(17)は「...    
<記事全文を読む>