第99回全国高校野球選手権山形大会は24日、降雨によるグラウンドコンディション不良のため、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(県野球場)で予定されていた日大山形―山形中央の決勝が、26日に順延された。25日も天候が回復しないと見込んで決定した。

 雨が断続的に降り続く状況を見て、県高校野球連盟などの大会本部が午前10時に2日間の順延を決めた。連日、会場に足を運ぶ選手の体調なども考慮したという。

 大会会長の奥山雅信県高校野球連盟会長は「試合ができるか、できないか分からない状態では選手の精神面に負担が掛かる。26日に合わせ、ベストコンディションで臨めるようにしてほしい」と話...    
<記事全文を読む>