決勝は4年ぶりの頂点を狙う日大山形と、3年ぶりの優勝を目指す山形中央が戦う。実績を含め日大が地力に勝るものの、ノーシードから勝ち上がった山中央には勢いがある。ともに打撃力があり、どちらが早く投手陣を攻略して優位に立つか。

 日大は4投手が好調。先発と救援で奮闘した森田南々斗や2試合で先発の近藤皓介ら、どの投手が登板しても試合をつくれる。山中央は左腕が中心。準決勝で力投した遠藤慶徳のほか、スローカーブを持ち味とする村上舜などタイプはさまざま。両チームとも継投を含め、総力戦となりそうだ。

 打線は長打の本数がほぼ同じ。日大は5番近藤大成が5割超の打率をマークしているほか、4番舟生大地も...    
<記事全文を読む>