第99回全国高校野球選手権山形大会第9日は20日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)と天童市スポーツセンター野球場(天童SC)で準々決勝4試合が行われ、日大山形、酒田南、山形中央、山形城北がそれぞれ4強入りを決めた。

 日大は初回に4番舟生大地の2点本塁打などで4点を先制し、山形南を5―1で下した。酒南は三回裏に逆転に成功。先発左腕の阿部雄大が踏ん張り、山形商を9―2の七回コールドで破った。山中央は六回表に3点を挙げ逆転し、救援の佐藤智輝が抑えて羽黒を6―2で退けた。城北は初回に長短打5本を集め一挙5点を先制。九里学園に10―3で八回コ...    
<記事全文を読む>