第99回全国高校野球選手権山形大会第1日は12日、中山町の荘内銀行・日新製薬スタジアムやまがた(荘銀・日新スタジアム=県野球場)で1回戦1試合が行われ、山形電波工が9―2の七回コールドで米沢東を下した。

 電波工は2点を追う三回裏、先頭打者の9番佐藤壱哉が左前安打で出塁し、ここから打者一巡の攻撃。長短打7本を集め一挙8点を奪った。守りでは二回以降を無失点で切り抜けた。

 第2日の13日は荘銀・日新スタジアムを含む県内4会場で1回戦9試合が行われる。

...    
<記事全文を読む>