第99回全国高校野球選手権青森大会は第9日の23日、青森県弘前市のはるか夢球場で準々決勝2試合を行い、聖愛と青森山田が準決勝進出を決めた。聖愛は八回に鈴木が均衡を破る左越え本塁打で1点を勝ち越すと、九回は1死満塁のピンチをしのぎ弘前東を2-1で破った。青森山田は初回に4点を挙げ主導権を握ると、2番手の主戦三上が7回無失点の快投で東奥義塾を退けた。大会第10日の24日は同球場で準々決勝の残り2試合を行う。

...    
<記事全文を読む>