ソフトテニス部員が長打を放ち、やり投げ選手が鋭い送球を見せた。舞台は14日の全国高校野球選手権青森大会。部員不足を抱えながら初戦に臨んだ田子、野辺地・十和田西2校連合、鶴田の3チームは、ほかの部活動の「助っ人」選手が野球部員に交じって躍動した。陸上競技、バスケットボール、弓道、さらには「帰宅部」まで。3チームはいずれも敗れたが、野球のユニホームに袖を通した助っ人選手は、球児にも負けないプレーで試合を沸かせた。

...    
<記事全文を読む>