第99回全国高校野球選手権(8月7日開幕・甲子園球場)に出場する南北海道代表の北海と北北海道代表の滝川西の選手たちが27日、道庁を訪れ、大舞台での健闘を誓った。

 北海、滝川西ともベンチ入りする18選手と監督らが訪問。滝川西の堀田将人主将は「今まで支えてくれた方々への感謝を忘れず、滝西らしいプレーをしたい」、北海の佐藤大雅主将は「目標の南大会3連覇を達成できた。一戦必勝で、代表に恥じないプレーをしたい」とそれぞれ抱負を述べた。

...    
<記事全文を読む>