創部117年で夏の甲子園大会最多出場を誇る北海高が、昨年の忘れ物を聖地に取りに行く。23日に札幌円山球場で行われた第99回全国高校野球選手権の南北海道大会決勝で、北海高が大逆転劇で東海大札幌高を下して3年連続38度目の甲子園切符をつかんだ。昨夏の甲子園では決勝まで進んだが、作新学院(栃木)に1―7で敗れ、涙をのんだ。「今年こそ自分たちが深紅の優勝旗を持ち帰る」。ナインは昨年の悔しさを晴らすべく、全国制覇を狙う。(運動部 花城潤) 決勝は一回に大量点を奪われながらも、こつこつと返して、5点差をひっくり返して競り勝った。北海の三塁側スタンドを埋めた生徒や保護者、OBら約千人が「やっ...    
<記事全文を読む>