東海大札幌高は17安打で快勝した。1点を追う三回無死、長短2安打と四球で満塁とすると、続く唐川の右越え本塁打で逆転した。六、七回にも加点し、八回の桜井の2点本塁打で試合を決めた。函工は八回に高畠の適時打などで2点を返したが、及ばなかった。

...    
<記事全文を読む>