第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会は18日、札幌円山球場で1回戦3試合が行われ、北海道栄が札幌光星を下し、2回戦へ進んだ。苫中央は函大有斗に惜敗、初戦で姿を消した。きょう19日は1回戦2試合、2回戦1試合が行われ、第1試合では駒大苫が札幌第一と対戦する。◆―― 2番手の市川 粘り強い投球 北海道栄はエース北村が二回で降板する苦しい初戦になったが、七回に中原の適時二塁打で勝ち越し、接戦にけりをつけた。

 ロングリリーフとなった市川は三回こそ失点したが、四回以降は被安打3。渡辺伸一監督は「粘り強く丁寧に投げるのが市川の持ち味。最後は気力だった。最後は北村をマウンドに戻すつもり...    
<記事全文を読む>