高校野球・南北海道大会は17日開幕して1回戦3試合を行った。函工は江差を七回コールドで下し、函館支部勢対決を制した。札日大高(札幌支部)は南・北大会最多記録の22得点を挙げて恵庭北(札幌支部)に五回コールドで大勝し、東海大札幌高(札幌支部)は樽潮陵(小樽支部)に七回コールド勝ちした。

...    
<記事全文を読む>