第99回全国高校野球選手権(8月7日開幕・甲子園)の代表校を決める北北海道大会が15日、旭川スタルヒン球場で開幕する。6支部の代表16校が甲子園を目指して熱戦を展開する。14日は同球場で全出場校が公式練習を行った。

 15日は午前8時30分から行われる開会式に続き、1回戦3試合を行う。第1試合は江陵―旭大高、第2試合は武修館―遠軽、第3試合はともに春季全道大会ベスト4の帯大谷と稚内大谷が対戦する好カードだ。

 優勝争いは混戦模様。速球派左腕の正岡を擁する稚内大谷、昨夏の甲子園メンバーが8人残るクラークなどが軸になりそうだ。春秋を含めて初の支部代表となった枝幸、学校創立2年目で初出場...    
<記事全文を読む>