夏の高校野球は2日は札幌支部などで代表決定戦を行い、昨夏の甲子園大会で準優勝した北海など12校が支部代表の座をつかんだ。旭川支部では旭永嶺が初代表。また北見支部Aブロックと釧根支部Bブロックの代表決定戦が降雨ノーゲームとなるなど、3支部の計6試合が雨天のため3日に順延となった。

...    
<記事全文を読む>