第99回全国高校野球選手権大会南北海道大会室蘭支部予選は1日、とましんスタジアム(苫小牧市緑ケ丘球場)でA~Cブロックの代表決定戦が行われ、昭和34年の南北大会分離後、駒大苫が5年連続22度目、北海道栄が3年連続27度目、苫中央が2年連続5度目の南大会出場を決めた。大谷室蘭の4年ぶりの南大会出場はならなかった。3校は17日から札幌円山球場で行われる南北海道大会に出場する。(吉本大樹)◆―― 北海道栄2-0鵡川 北海道栄が北村の好投でリードを守り切った。最速140キロ超えのストレートを武器に鵡川打線を翻弄(ほんろう)。13奪三振で完封勝利を挙げた。渡辺伸一監督は「コースを丁寧に突...    
<記事全文を読む>