高校野球の第99回全国選手権沖縄大会第5日は25日、コザしんきんスタジアムと宜野湾市立野球場で1回戦4試合を行った。北山が九回裏のサヨナラソロ本塁打で那覇工業を2―1で下し、沖縄高専は10―5で南風原を破って3年ぶりの初戦突破を果たした。昨年、甲子園に出場した嘉手納は首里東に7―4で逆転勝ちし、宜野座は2投手の継投で名護商工を6―0で完封した。この日で1回戦全試合が終了した。大会第6日は7月1日、北谷公園野球場など3球場で2回戦8試合を行う。

...    
<記事全文を読む>