第99回全国高校野球選手権沖縄大会が17日午前、那覇市の沖縄セルラーパーク那覇で開会式を行い、開幕した。17日に予定していた全試合は雨のため翌日に順延した。1カ月にわたり甲子園出場の切符を懸けた熱戦を繰り広げる。

 大会には64校63チームが出場し、開会式では各チームの選手らが胸を張って入場行進した。

 選手を代表して北山の山城大空主将が「沖縄が本土に復帰して45年。どんな苦境にもめげず野球を続けてくれた多くの先輩方の思いを受け継いで、今、またここから、僕たちの暑い夏が始まります」「『フェアプレイ・フレンドシップ・ファイト』の精神で、高校野球最後の夏を力一杯戦い抜くことをここに誓い...    
<記事全文を読む>