第99回全国高校野球選手権(8月7日から15日間、甲子園)長崎大会の組み合わせ抽選会が16日、長崎市内で行われた。今年は57校が出場し、7月7日に開幕する。順調にいけば同23日に代表校が決まる。昨夏あと一歩で代表の座を逃したシードの大村工はプロ注目の強打者、森伊吹主将(3年)がけん引。同校は全国制覇の経験があるバレー部で知られているが、野球部も負けじと近年実力をつけており、春夏を通じて初の甲子園出場を目指す。

 なお、地方大会は17日、全国のトップを切って沖縄で開幕する。午前9時から沖縄セルラースタジアム那覇で開会式が行われ、同球場などで1回戦6試合が予定されている。 <記事全文を読む>