第99回全国高校野球選手権山口大会(県高野連など主催)の組み合わせ抽選会が24日、山口市大手町の県教育会館であり、出場する61校、60チームの対戦カードが決まった。大会は7月15日に開幕し、甲子園出場を懸けた熱戦の火ぶたが切られる。

 抽選会には出場チームの主将らが参加。昨秋と今春の公式戦成績などから第1シードは宇部鴻城、徳山商工、熊毛南、下関国際に決まり、第2シードは華陵、西京、厚狭、岩国商となった。

 大会は7月15日にオーヴィジョンスタジアム下関(下関市)、ユーピーアールスタジアム(宇部市)、津田恒実メモリアルスタジアム(周南市)、ビジコム柳井スタジアム(柳井市)の4球場で開...    
<記事全文を読む>