第56回山陰高校野球大会最終日は11日、江津市民球場で決勝が行われ、春季中国地区大会優勝の鳥取城北(鳥取1位)が石見智翠館(島根1位)に13-3で大勝し、1997年以来20年ぶり2度目の優勝を果たした。鳥取県勢の優勝は2003年以来14年ぶり。

 鳥取城北は二回終了時に降雨中断を挟んだ試合で集中力を切らさず、八回の本道優作の2点本塁打を含む長打6本の猛攻で圧倒。石見智翠館は序盤の大量失点でペースをつかめなかった。5番中島意地の3打点 【評】鳥取城北が15安打13得点で石見智翠館を圧倒した。

 鳥取城北は初回、水田の左越え三塁打などで2死一、三塁とし、中島の左前適時打で先制。二回は山...    
<記事全文を読む>