第128回春季中国地区高校野球大会最終日は5日、松江市営野球場で決勝が行われ、鳥取城北が広島新庄を2-1で下し、初優勝を果たした。山陰両県勢で2004年の平田以来13年ぶり、鳥取県勢では1994年の倉吉北以来23年ぶりの栄冠となった。

 鳥取城北は1-1の六回、瀬戸成一郎が右翼席へ決勝ソロ。松江智史、福本拓真の継投で逃げ切った。今大会3試合全て2点差以内の接戦で、勝負強さが光った。5日の成績 ▽決勝鳥取城北 2-1 広島新庄山陰勢13年ぶり 広島新庄に競り勝つ 【評】鳥取城北は攻守がかみ合った。4番瀬戸の一発で勝ち越すと、2投手の継投で計12安打されながら最少失点でしのいだ。

 初...    
<記事全文を読む>