和歌山市の紀三井寺球場で7月13日に開幕する第99回全国高校野球選手権和歌山大会の組み合わせ抽選会が24日、和歌山市の県民文化会館であり、準々決勝までの組み合わせが決まった。39校が甲子園出場をかけて戦う。

 抽選会には各校の主将が出席。春季近畿大会の県予選でベスト4に入り、シード権を得た和歌山商業、智弁和歌山、紀北工業、田辺の主将がくじを引き、A~Dゾーンに振り分けられた。続いて残り35校の主将がくじを引いた。

 13日午後1時半からの開幕戦(1回戦第1試合)は、和歌山高専―箕島に決まった。

 紀南関係では、13日の第2試合で新翔が星林と対戦。14日は第1試合で新宮が貴志川と、第2...    
<記事全文を読む>