7月8日に明石トーカロ球場で開幕する第99回全国高校野球選手権兵庫大会の組み合わせ抽選会が27日、明石市の明石市民会館で開かれ、4回戦までの対戦カードが決まった。開会式後の開幕カードは神崎-三木(午後1時・明石トーカロ)となり、選手宣誓には加古川南の内田大聖主将が選ばれた。

 学校統合で市神港と神港橘が昨年に続いて連合チームを組み、163校162チームの主将らがくじを引いた。まず第1シード16校が各ブロックに分かれ、第2シードの16チームが4回戦まで第1シードと当たらない組み合わせに入った。続いて、残り130チームがフリー抽選を行った。

 5回戦以降はその都度抽選するが、前半(第1...    
<記事全文を読む>