高校野球の逸材が、期待にたがわぬ本塁打ショーを見せた。刈谷市の刈谷球場で三日開かれた早稲田実業(東京)と県内の強豪校による招待試合。早実の清宮幸太郎選手(三年)と対戦した選手たちは「格が違う」と舌を巻き、甲子園での再戦を誓った。

 「威圧感というか、怖いなと感じた」。第一試合で対戦した中京大中京のエース香村篤史投手(三年)は、清宮選手と対峙(たいじ)した印象を語った。一回無死、走者二人を背負って迎えた左打者の清宮選手に、いきなり逆方向の左翼席へ運ばれた。自信を持って投げた変化球だったが、「流し打ちで、こんな打たれ方をしたのは初めて」と驚嘆する。後続にも打たれて一回途中で降板し、逆...    
<記事全文を読む>