第99回全国高校野球選手権長野大会の組み合わせ抽選会は24日、85校の主将が出席して安曇野市の安曇野スイス村サンモリッツで行われ、別表の通りに対戦相手が決まった。

 春季県大会のベスト8校をシードした。春季県大会を制した第1シードの小諸商は、梓川―駒ケ根工の勝者の挑戦を受ける。第2シードの東海大諏訪は上田―中野西の勝者、第3シードの上田西は岡谷東―松代の勝者をそれぞれ迎える。2連覇が懸かる佐久長聖の初戦の相手は、須坂創成―塩尻志学館の勝者に決まった。

 7月8日に松本市野球場で行われる開会式の選手宣誓は、佐久長聖の桜井貴一主将が務める。引き続いて行われる開幕戦は、長野俊英―創造学園...    
<記事全文を読む>